好きな人とLINE(ライン)をしていて、いまいち距離が縮まない気がするということはないかな。

距離が縮まなければ、そのうちやりとりをしてくれなくなってしまうかもしれない。
せっかくLINEを出来る間柄になれても、続かなかったら失敗。

もし距離が縮まないのであれば、恋の駆け引きが必要なのかもしれない。
今回は、LINEでも出来る上手な駆け引きの方法を話す。

SPONSORED LINK

好きな人をドキッとさせる

恋の駆け引きの王道の作戦は、キャラや態度の使い分けること。

LINEでも、時折ドキッとさせるような行動をすることが大事。
やり取りをただ続けているだけでは駄目で、たまには男性をドキッとさせる刺激が必要になってくる。

でも、LINEだと表情であったり、ボディタッチでドキッとさせることは出来ない。
メッセージやスタンプの内容、タイミングでドキドキさせなければいけない。

想像を掻き立てる

文章しかないぶん、使える駆け引きの方法の種類は限られてくる。

ただ、文章しかないというのは、駆け引きで利用することも出来る。
相手に伝わる情報量が少ないぶん、相手の想像力を掻き立てられる。

ラインでの駆け引きでのポイントは、相手の想像力をいかに掻き立てるか。

好きな人の想像力を掻き立て、ドキッとさせる2つの戦略

  1. そっけない態度を取る
  2. ギャップを見せる

1.そっけない態度を取る

LINEでそっけない態度を取る方法はいくつかある。

代表的なものは、既読無視や、未読無視など、すぐに返さない方法。
その上手な使い方を教える。

既読無視

既読が付いているのに、返信がないとドキドキするもの。
LINEで最も使わている駆け引き方法は、既読無視。

「なにか嫌われるようなこと言ったかな?」と不安になる。
「返信遅いな?」と君のことを想像してLINEをチェックするはず。

心理的に上に立つことができる。

未読無視

未読無視も、既読無視と同様に不安になると思う?

実は、違う。
未読無視は、既読無視と違って、気づいてないのか、意図的にスルーしているのか分からない。

未読無視された側は、「既読にしないのは、気づいてないだけかも」と考えるのが普通。
「気づいてないだけ」と思われたら、効果はあまりない。

未読無視を使うタイミングとは

未読無視の使いどころは難しい。

未読無視で不安にさせるために、「気づいてない」と思わせないようなタイミングで使おう。
そのタイミングとは、会話のラリーの途中に未読無視すること。

寝落ちしたふりをしてスルー

未読無視の使い方として、寝落ちを装うというのがある。

夜にLINEをしていれば寝落ちしてしまうことはあると思うけど、お風呂かもしれないし、電話がかかってきたのかもしれないし、何か違うことをしているのかもしれない。

既読にならなくても、しばらくは君の返信を待って、男性は頻繁にLINEを確認するはず。
君のことを考えさせる時間を増やすことが出来る。

短い文やスタンプだけで返す

既読無視や未読無視は頻繁に使うわけにもいかない。
頻繁に使えば、効果が薄れるから。

スルーまでは行かなくても、そっけない態度を取ることは出来る。

それは短文で返信すること。
相手が比較的長めのメッセージを送ってきたりした時に「うん。」ぐらいの、短文で返してみて。

男性は、「まずいこと言ったかな?」「あんま興味ないのかな?」と不安に感じるはず。
既読無視ほどの効果はないけど、織り交ぜて使うのが良い。

短文でなくても、スタンプだけで返すというのもあり。

2.ギャップを見せる

恋愛でギャップをうまく使い分けられると強力だよ〜
LINEでギャップを演出する方法を紹介する。

普段とのギャップを見せる

普段の君のキャラや性格はどういった性格だろうか?
LINEと普段の性格を変えてみよう。

明るい性格の女の子が、LINEではスタンプや顔文字をあまり使わず、しっかりした文章を送ってきたりするギャップにドキッとする男性も多い。
落ち着いている女性が、LINEでは女の子らしいかわいいスタンプを多用したりすると、キュンときたりする。

普段は見せない君の一面を見せてみよう。

グループLINEとのギャップを見せる

友達同士や職場などでグループLINEをしているなら、一対一のLINEでは文体を変えてみてはどうだろう。

「君にしか見せない一面」を演出するのはあり。
男性は、「自分に好意があるのかも?」と脈ありサインとして感じ取るかもしれない。

返信のギャップを見せる

ラインのやり取りの中でも、たまに普段使わないようなスタンプを送ってみるとか、変化をつけることも大事。
たまには、男性の予想を裏切ることで、男性の想像力を掻き立てることが出来る。

まとめ

LINEで好意を持ってもらうことに失敗しないために、うまく駆け引きをしてみよう。
落ち着いて、相手に恋愛の主導権を持っていかれることなく、君が主導権を握ってしまおう。
好きな人のへの片思いを成就させるために、LINEを使いこなそう!