男性心理では、興味、好意がある場合はじっと見る傾向が強い。
そのため、男の興味や好意はバレやすい。

興味の段階の場合は、女性をガン見する傾向が強くなる。

一方、好意を抱いている場合、好きな人には変な風に思われたくないからなかなか直視する事が出来ない。
結果、心のなかで「じっと見つめたいvs気づかれたくない」という闘いが生まる。

だからもし君に好意があれば、出来るだけ君に分からないように、君のことを見つめているはず。

見えないとこでガン見してるかも?

SPONSORED LINK

見えないところで自分を見ているか判断する方法

自分の視界に相手がいない時にこっちを見ているかどうかを判別するためには、相手の不意を突くのが良い。

視線を感じる時に不意に振り向いてみて、好きな人がこっちを見ていたら、君を見ていたということになる。

さらに、君と目が合う瞬間にすぐ目をそらす場合や、照れたりした場合は好きで見ていた可能性が高い。
直視はしていなくても、横目で見ていたりしていた場合も同じ。

ただ、意味も理由もなくたまたま見ていたという可能性もある。
だから、何度か不意をついて好きな人の方向をちらっと見てみて。

何度も目が合い、その度に目をそらしてしまうならば、それは偶然ではない可能性が高い。

やきもちを利用してさらに確実に判断する方法

好きな人が自分以外の異性と話していたりしたら気になるよね。
目をそらさないで視界に入れておくはず。

楽しそうだったら、ヤキモチを妬いて真顔でガン見してしまったりする。
だから、あえて男友達に話しかけて、君が不意に振り向いて目線を確認するのは有効な方法。

会話中の態度や仕草で測る

本気で好きな人がいる前では緊張するのが当たり前。

だから、好意を持たれている場合は、普段目が合う回数が多くても、会話の時は目が合わなくなるのが普通。
話している時に、嘘をついているわけでもないのに目に落ち着きがない場合は、変だよね。

心理学的には、緊張している場合は、目が泳いだり、まばたきの回数が増えるとされている。
また、目に限らず、落ち着きのない仕草、態度を取っている場合は、君に好意があるのかもしれない。

男女で会話中の態度が違う

また、心理学的に、会話の時には男と女の子では気になる人との目の合わせ方が違う。
好きな人の前だと、女性は話すときに目を合わせる回数が増えるのに対し、男は話を聞くときに目を合わせる回数が増える。

女の子は、興味のない話でも、話を聞いているふりをするのが男より上手で、普段から話し相手と目を合わせる回数が多い。

一方で、好きな人の話を聞いているときは、恥ずかしくて目をそらしてしまいがち。
そして、自分が話すときは、好きな人には賛同して欲しいという気持ちが強くなるため、相手の目を自然としっかり見る。

気になる人の前での男は?

男が話すとき、好きな人の前だと自分を大きく見せようとする。
男は嘘をつく時、相手の目を長時間見れません、そのため大きく見せようと話すときに目を逸しがち。

そして、男にとって話を聞くことは情報を仕入れること。
普段話を聞くときは、話の相手や内容に興味がない場合はその心理が態度に出てしまい、相手の目もほとんど見ない。

だけど、自分の興味のある相手、内容の時は瞳孔を開いてしっかり聞き、その情報を逃すまいと注意して聞く。

話を聞いている態度をちゃんととっているかどうかで男性心理を測ることが出来る

君が見ているから目が合うのか

好きな人と目が合う場合に、君の勘違いパターンがある。
君が目で追っているから、好きな人が「なぜ?」と不思議に感じて、目が合うというパターン。

簡単な判断の仕方があるので紹介する。
というよりも、すでに紹介している。

やっぱり不意をついてみる

さっき紹介した、不意をついて好きな人の方向に振り向いてみる方法。

もし君の勘違いでないのであれば、君が見ていない時も見ているから、不意をついても見ているはず。
そして、好きな人と目があったならそらすだろう。

もし不意をついて見たら全然、目が合わなくなったのであれば、よく目が合うのは君の勘違いである可能性は高いといえる。