仕事に熱中している男性の姿はかっこいい。

ただ、「仕事が忙しい」が口癖の男性が、良い男とは限らない。
好きな人や彼氏が「仕事が忙しい」と言っている場合、実は以下の要素に当てはまっているかもしれない。

SPONSORED LINK

会話が仕事の話ばかり

本当に仕事が忙してしょうがない場合、男性の頭のなかには仕事しかない。
恋愛だけでなく、プライベートもほとんどなく、話していても仕事の話題ばかりということが考えられる。

自己中心的な男性かも

仕事の好きな人からすると自分の仕事の話をするというのは楽しくてしょうがないんだけど、聞いている方としてはそうでもなかったりする。
むしろ、苦痛であることも少なくない。

人は自分の話、自分に関係のある話が大好き。
自分に関係のない話を熱く語られても辛いよね。

相手に配慮できる男性であれば、相手が興味のない話をすることは控えるけど、「仕事が忙しい」と言う時点で相手への配慮には欠けている。
「仕事が忙しい」と言われたら、気を使わざるを得ないし、接しにくくなるからね。

人間としてもつまらない?

男性にとって仕事はとても大切なモノだけど、仕事だけでは人間としての幅や深みが出ない。
だから、話がつまらないだけでなく、人間としてもつまらないかもしれない。

あなたに興味が無い

「仕事が忙しい」といえば、言われた相手は接しにくくなる。
それを知っていて、あえて言っている可能性もある。

「あなたに興味ありませんよ、あんま連絡をとったりしないで下さい」ということを間接的に伝えている場合がある。
もし、こういった意図で言われた場合は脈は全く無いと言って良い。

ただ、こういった意図で「仕事が忙しい」という男性は稀だから、あまり気にする必要はないけどね。

仕事ができない男である

仕事が忙しい男と仕事の出来る男は別。

特に今は知識労働が中心の世の中になっている。
労働時間と収入が比例する単純労働の比率は減っている。

賢く仕事のデキる人は、労働を効率化し、出来るだけ少ない時間でいかに成果を出すかということを考える。

それでも仕事が大好きな男性は、その空いた時間をさらに仕事のために投資するので、結局忙しい場合も多いのでだけど・・・。
ただ、そういった男性は仕事を言い訳にして他のことをおろそかにはしない。

仕事ができる男は仕事以外でも成果を出す

本当に仕事が忙しいけれども、大事なことのためには時間を作ることも出来るのが仕事の出来る男。
恋愛であったり、友人、家族との関係が良好であることは、仕事にも好影響を及ぼすからね。

昔であれば、男は仕事だけやっていれば良いという価値観が根強かっただけど、今は違う。
男性にも様々なことが求められるし、プライベートの充実も仕事の評価に繋がる。

年末や決算期など、どうしても忙しくなってしまう時期や就職、転職後などは別として、年中仕事が忙しい男は仕事ができない男性である可能性が高いから、気をつけよう。

付き合ったあとも「仕事が忙しい」を言い訳にする

仕事の忙しい男性と付き合えたとしよう。
仕事の忙しい彼は、仕事よりもあなたを大切にしてくれるだろうか?

付き合ったら態度が変わる可能性も

男性は釣った魚には餌を与えない傾向がある。
付き合うまでは、忙しくてもかまってくれたかもしれない。

でも、付き合ってから態度が変わることも少なくない。
付き合う前から仕事を言い訳にしてデートの誘いを断ったりしてきたのであればその徴候がある。

本当に大事な女性には、仕事が忙しくてもなんとか時間を作るから。

仕事の忙しい彼の負担にならないように

もし仕事の忙しい男性と付き合えて、付き合ってからもあなたのために時間を作ってくれる彼氏だったのであれば、とても思いやりのある優しい彼氏だと思う。
そういった男性は大事にしてあげて。

忙しくてもあなたを大事にしてくれる彼氏の優しさには、あなたも優しさで返してあげよう。
寂しかったり、わがままを言ったりしたくなるようなときもあるだろうけど、彼の負担にならない程度に抑えて。

ただ、全部抑える必要はない。

どんな時でも、男性は大事な彼女には頼られたいと思っている。
お互いに支えあい、幸せな恋愛をしてね。

仕事が大好きな人も相手次第

仕事が大好きな人も、恋愛が仕事に悪い影響を与えない、良い影響を与えると思えれば、心が恋愛にも傾く。

ただ、「仕事が忙しい」が口癖であるからといって、本当に忙しいとも限らない。
彼が本当に有能で仕事が忙しく良い男なのかを見極めてね。