現在、Facebook(フェイスブック)のアカウントを利用したマッチングアプリ・婚活アプリ・出会い系アプリが数多くありますが、ついにFacebook公式が、出会いを促進する機能を追加することを発表しました。

日本での提供に関してはまだ発表はありませんが、アメリカでは間も無く追加されるとのことです。

Facebookが提供するマッチング機能についての情報や使い方、他のマッチングアプリと比較した強みなどをまとめました。

1年に1度のAmazon特大セール

amazon jp PrimeDay 2018 668x404 - マッチングアプリに対抗したFacebookの出会い機能の使い方

Facebookに出会い機能が追加

既存のマッチングアプリなどに対抗し、Facebook(フェイスブック)に出会い機能を追加することが2018年5月1日に発表されました。

Facebook上の知り合いや友達がデート相手の候補としてオススメされることはなく、友達以外のユーザーとしかマッチングされません。

また、別の専用プロフィールを作成することになるので、友達には見られずに使用できるとのことです。

短期的な関係ではなく、長期的な関係を築くための機能

「マッチング機能は、その場限りの一時的な関係のためのものではなく、長期にわたるリアルな関係を築くための機能になる」とのことです。

女性にとって、より安心して使えるマッチングアプリになりそうです。

アメリカでは、結婚するカップルの3組に1組がインターネット上で出会っている

アメリカでは、結婚するカップルの3組に1組がインターネット上で出会っているというデータがあり、その割合はさらに伸びてきています。

このままいけば、ネット上での出会いがリアルでの出会いを超えることになるのも時間の問題かもしれません。

Facebookに公式に出会い機能がつくことによって、ネット上での出会いがより認められるようになっていくのではないでしょうか。

Facebookのマッチング機能の使い方

ユーザーは通常のプロフィールとは別に、友達にはバレない出会い機能専用の非公開プロフィールを作ることができます。

出会い用の非公開プロフィールを作成すると、地元のグループやイベントの情報や、参加予定の人のプロフィールが閲覧可能になるとのことです。

そのほかにも、デート相手の好みや共通点、共通の友人を基に、マッチングの候補がおすすめされます。

マッチング機能の始め方・使い方

1. 非公開の専用プロフィールを作成する

専用プロフィールには、自分の基本的な情報や写真をアップロードします。

2. 近くのイベントやグループから相手を探す

近くのイベントやグループを探して、関心が一致する利用者を発見してデート相手を見つけ、専用プロフィールを見ることができます。

3. デート相手が推薦される

共通の関心やFacebookに登録されている情報をベースに、デート相手が推薦されます。

専用プロフィールは、友達にもニュースフィードにも表示されません。

4. 双方が興味を抱いたら、直接メッセージ可能

Facebookの推薦に双方が興味を抱いた場合は、MessengerとWhatsAppの専用窓を利用して直接会話を始めることができます。

この時利用できるのは、テキストのみです。(セキュリティ上の理由から)

機能・使い方は、他のマッチングアプリと同じ

出会い機能としては、既存のマッチングアプリと同じようなものになりますが、Facebook公式が提供するアプリということで、ユーザー数は多くなりそうですね。

ただ、日本ではFacebookのアカウントは持ってるけどほとんど使っていないという人も多いので、既存のマッチングアプリや婚活アプリ、出会い系アプリよりも広く普及するかどうかは予想が難しそうです。

既存のアプリと比較して、マッチングの精度の高さに自信

Facebookのプロフィールをベースに多数の情報を比較して、おすすめのデート相手のマッチングを行います。

Facebookは他のマッチングアプリや婚活アプリと比較してかなり詳しいユーザー情報を持っているので、マッチングの精度も高くなるのが強みとのことです。