もし、好きな人が振り向かせたいなら、恋の駆け引きに影響を与える要素について知っておいて損はない。
逆に知らないと、恋の駆け引きで知らず知らずのうちに損をしているかもしれない。

今回は、恋の駆け引きに影響を与える7つの要素と9個のテクニックを紹介する。

SPONSORED LINK

恋の駆け引きは悪いことではない

どんな恋愛にだって恋の駆け引きは大なり小なり存在している。
ただ、やって良い恋の駆け引きとやってはいけない恋の駆け引きがある。

やってはいけない恋の駆け引きとは、「悪意のある恋の駆け引き」。

男を持て遊ぶような、恋の駆け引き自体を楽しむような恋の駆け引きが悪意のある恋の駆け引き。
そういった悪意のある恋の駆け引きが悪いのであって、恋の駆け引き自体が悪いわけではない。

もし君が好きな人を振り向かせたいなら、恋の駆け引きは必ず必要になってくる。
罪悪感を持つことなく恋の駆け引きが上手く出来るようになれば、君が好きな人を振り向かせる可能性は大きく上昇する。

好きな人との恋の駆け引きに影響を与える7つの要素

1.恋の駆け引きの基本「好意の温度差」

恋の駆け引きの基本になるのが、好意の温度差。
強い好意を抱いていればいるほど恋の駆け引きでは不利になるし、興味のない相手ほど恋の駆け引きでは有利。

もし大好きな人と付き合えたとしても、彼との好意に大きな温度差があったら恋の駆け引きをしている余裕はなくなってしまう。
自分を押し殺して振られないようにするので精一杯なんてことになっちゃうかも。

だけど「好きなものは好き」、好意の温度差を自分の努力でどうにかすることは難しい。
だから、恋の駆け引き上手になるには、自分の努力でどうにかなる他の要素に気をつけたほうが良い。

2.強力な武器「他の選択肢」

恋の駆け引きするうえで、好きな人以外にも他の選択肢を持つのはとっても強力な武器。
他の男性とも仲良くしておくことで、余裕を持って好きな人と恋の駆け引きをすることが出来る。

「この人しかいない!」って思うと、恋の駆け引きどころではなくなっていく。
男性に比べて、(興味のない人からの)アプローチを受けやすいぶん、他の選択肢をもつことに関しては恋の駆け引き上、女性が有利なところ。

3.女性が不利な「時間」

早く結婚したいという思いが強ければ強いほど、恋の駆け引きでの立場は弱くなる。

最近は晩婚化も進み、年齢を重ねても魅力的な女性も多い。
それでもやっぱり、年齢に敏感なのは男性よりも女性。

「他の選択肢」とは逆に、恋の駆け引きで女性が男性に比べて不利な部分、それが時間。

4.損をしないために「情報」

恋の駆け引きは情報戦。
今まで上げた3つの要素、好意の温度差、他の選択肢、時間に関して、好きな人の正しい情報を持っているかが恋の駆け引きに影響与える。

正しい情報を持っていればいるほど、恋の駆け引きで損をすることはなくなる。

本当は好きな人が「君のことが大好き!君しかいない!早く君と付き合いたい!」と思っていても、「君のこと興味ないし、他に女はいくらでもいるし、今は彼女なんかいなくてもいいや」と好きな人が思っていると君が勘違いしてたら、恋の駆け引きでだいぶ損をしてしまう。

5.情報戦なら「演技力」

正しい情報を持っていればいるほど、恋の駆け引きで損をしなくなる。
これは相手の男性にとっても同じこと。

だから、正しい情報を渡さない演技力が恋の駆け引きには必要になってくる。
本当は好きな人に対して「君のことが大好き!君しかいない!早く君と付き合いたい!」と思っていても、「君のこと興味ないし、他に男はいくらでもいるし、今は彼氏なんかいなくてもいいや」と思わせてしまう演技力が恋の駆け引きに必要な力。

これは、頭でわかっていても、実際好きな人に恋の駆け引きをする演技力を持つのはなかなか難しい。

6.重要なのは好きな人だけじゃない「周囲の環境」

女子校だったり、女性だらけの職場だったり出会いの少ない環境だったりすると、恋の駆け引きで不利だし、男の多い環境にいた方が恋の駆け引きでは有利。

ほかにも、周りの友達からの評価だったり、自分と好きな人以外の環境も恋の駆け引きに影響する。
恋の駆け引きを成功に導きたいなら、自分と好きな人だけでなく、周りの環境も恋の駆け引きに利用しよう。

7.結局は「女性としての魅力」

女性としての魅力が恋の駆け引きで最も重要な要素。
恋の駆け引きといっても、結局は君が好きな人にとって魅力的な女性でなければ意味はない。

恋の駆け引きは、あくまで君の魅力の力を最大限に利用するものであって、君自身の魅力がなければ恋の駆け引きをしても無意味。

君自身に魅力があれば、好意の温度差も縮まりやすいし、他の選択肢も増えるだろうし、年齢の重要性も減る。
女性としての魅力を高めれば、自然と恋の駆け引きで有利になっている。

さらに、女性としての魅力こそ、自分の努力次第で高めることが一番簡単な要素。
自分は恋の駆け引きが十分に出来てないと思うなら、女性としての魅力を高めることに専念しよう。

好きな人に恋の駆け引きをするなら覚えるべき9のテクニック

恋愛テクニックを知り、時には駆け引きをすることで、恋愛を上手に進められる可能性は上昇する。
恋愛を上手に進め、気になる人や好きな人との恋をうまく進めるための具体的な駆け引きテクニックをまとめた。

1.電話に出ない・LINEやメールに返信しない

恋の駆け引きとしては鉄板のテクニック。
使い古された方法と思うかもしれないけど、未だにとても効果のあるテクニック。

ただ、男性もあえて電話に出ないなどのテクニックは知っているはず。
男性を不安にさせたいなら、駆け引きをしていると思われない程度に使うのが大事。

2.いつものタイミングでLINE・メールを送信しない

毎日、もしくは定期的にLINEやメールでやり取りしているのならば、すでに好きな人とはそれなりに親密な仲なのかもしれない。
でも、いつもLINEが自分発信なのならば、自分から送るのをやめてみよう。

彼が君に好意を抱いているのならば、彼からLINEが送られてくるはず。
そして、彼からLINEを送るということを習慣化していく。

そうすることで、恋愛の主導権を君が握ることが出来る。

最悪LINEが途切れても良い

「そのままLINEが途切れてしまうのではないか?」と不安になるかもしれませんが、それでも送ってはいけない。
不安になった時点で、君は心理的に彼の下に立っている。

駆け引きをする上で大事なのは、心理的に好きな人の上に立つこと。

「最悪LINEが途切れても良い」と思って待てるくらいでなければダメ。
待てずに送ってしまうくらいなら、この方法はやらないほうが良い。

3.LINEで絵文字や顔文字、スタンプを送らない

LINEを途切れさせるのは出来ないということならば、LINEの送り方を変えてみよう。
よそよそしいLINEをしてみる。

少しずつより、いきなり変えるほうが効果がある。
男性は「なにか変なこと言ったかな?」と不安になるにり違いない。

いつもスタンプを送っていないならば、かわいいスタンプを送ってみよう

あまりスタンプを使わない女の子こそ、かわいいスタンプに効果がある。
男性も君と打ち解けた感じがしますし、ギャップでドキッとするはず。

4.話しかけない

好きな人にいつも自分から話しかけていないだろうか?

好きな人と話したい気持ちは分かるけど、話すことが日常化してただの女友達という関係になったら危険。
もし友達関係から恋愛関係に発展したいなら、ドキドキが必要。

でも、ただ話しかけないだけでは効果は薄いから、他のテクニックと併用して効果を倍増させよう!

5.男友達と仲良くする

仲の良い男性が、好きな人だけなのであれば、他の男性とも仲良くしよう。
気になる人、好きな人が出来てからは今まで仲良かった男性とも距離をおいたりしていないだろうか?

異性として見れなくても仲良くしておくことは大切。
好きな人を嫉妬させることが出来るかもしれないし、結果的には君の恋愛にもメリットがある。

まだ付き合っているわけでもないので、他の男性と仲良くするのは悪いことでもないから、罪悪感を感じる必要はない。

6.他の男性を褒める

男性は競争心の強い生き物。
他の男性を褒めることは自分がけなされたような気がする。

男性を直接けなすのは、嫌われる可能性もあるし、人として望ましい行動でもない。
だけど、他の男性を褒めるのは、嫌われずに男の闘争本能に火をつけることが出来る。

好きな男性に、「君に認められたい」と思わせることができれば、作戦は成功。

7.元カレについて話をする

他の男性の中でも、男性が最も競争心を駆り立てられる対象は「元カレ」。
もし付き合った場合は、君の元カレと比較されるだろうと予想するから。

また、過去の恋話は、君の恋愛観や恋愛遍歴を教えることになる。
いままでもより、恋愛対象としての自分、女としての自分を印象づけることが出来る。

ただ、ある程度男性からも好意がある状態でないと、ただの恋話で終わるので、ある程度「両思い」っぽいと感じている男性に使おう。

8.好きな人以外の男性にアプローチされていることを報告する。

駆け引きをするためには、君の選択肢を増やすことが大事。
そして、選択肢があることを好きな人に女性からアピールすることは大切。

他の男性からのアプローチを報告すれば、気になる人や好きになる人を焦らすことが出来る。
男友達であれば、アピールがきっかけで君を異性として意識するかもしれない。

完全な嘘はダメだけど、大げさにアピールしても良い。

9.デートを断る

これは効果は大きいけど、リスクも大きい方法。
2度とデートに誘ってくれなくなる可能性もあるから。

もし、彼のことが大好きならば、リスクを負ってまでやらなくても良いけど、まだ気になる人程度であればやってみても良い。
駆け引きとして使えるだけでなく、彼の好きの度合いを測るのに使うことも出来る。

まとめ

  • 恋の駆け引きをすることに罪悪感を持つ必要はない。
  • 駆け引きで重要な7つの要素は「好意の温度差」「他の選択肢」「時間」「情報」「演技力」「周囲の環境」「女性としての魅力」。
  • 結局は魅力的な女性である必要がある。

恋の駆け引きをするべきなのは、君が好きな人より心理的に下にいる時や、女として見られていない時。

相手の男性とすでに両思いであることがある程度確認できているのなら、彼を不安にさせ、駆け引きが逆効果になることもある。
使い所を間違えないように気をつけてね。