お腹や背中、腰やお尻への男性からのボディタッチにはどんな意味があるのか?

男目線で男性心理を話します。

SPONSORED LINK

『お腹・背中』に特別な意味はなし?

お腹や背中のボディタッチには特別な意味はありません

人間にはパーソナルスペースというものがあります。
人間にはテリトリーがあって、相手との心理的距離によって不快感を感じない距離が変わります、それがパーソナルスペースです。

そのパーソナルスペースは、横が狭く、後ろに長いという形をしています。
つまり、知らない人に横に立たれるのは50cm位の近さでも不快でなくても、後ろに立たれたり、向かい合うのは1mくらいあっても不快だったりします。

つまり、いきなり背中を触るというのは、相手に警戒心を与えます

背中に特別な意味は無いけど、触り方には女慣れしているかどうかが出る

特に男性から女性がボディタッチする時に、いきなり背中へのボディタッチはかなり警戒心を与えるものですから、紳士的な男であればいきなり背中へのボディタッチをしません。 
まず手を握ったり、肩を抱いてから、背中に手を当ててエスコートします。

ただ、そういったスキンシップやエスコートが出来る人は、紳士的な男性とも言えるし女慣れした男とも言えます。 
エスコート以外で、普段背中に触るシチュエーションはあまりないですけど、心理学的にも女の(腰より上の)背中を触りたいという欲求は男にはあまりないので、特別な意味は無いと考えて欲しいです。

男性は女性のお腹や背中に触りたいという欲求はないので深い意味はないです。

『腰・お尻』はエロい目で見てるから?

背中でも腰、お尻、足への必要のないボディタッチは完全に本能的な欲求からと思っていただいて構いません。
痴漢がお尻を触ってくることもわかりますね。

少なくとも、本能的に魅力的には思われています
ただ、本気で好かれたかったら、触りたくてもなかなか触りませんね、気持ち悪いとが思われたくないですから。

特に肩と同様、腰に手を回してくる男性は、要注意です。
女好きだったり、下心で触ってきている可能性が高いです。

腰より下を触られたら、本能的に魅力的な女性としては見られているけど、本命の相手にはなれていないかもと認識してください。

本能的には魅力的に思われてる、でも本命ではない可能性が高いです。

ボディタッチしてくる男性心理を7部位ごとに男目線で徹底解説