君は肉食系女子に良い印象を持っている?持っていない?

肉食系女子はモテやすい。
それは間違いない。

肉食系女子との恋愛は男にとって楽だ。

SPONSORED LINK

2種類の積極性

男にモテたかったら積極性は必須。
受け身の女といても男は楽しくないし、疲れるから。

ただ、男にモテるための積極性にも2種類ある。
その2種類の違いを分かっていた方が良い。

自分のタイプもしくは相手のタイプに合わせてどちらが向いてるか考えてね。

自分から行く?男に来させる?

モテるために必要の積極性は大きく分けて、以下の2つ。

  1. 自分から男に行く方法
  2. 男に来させる方法

女が取るスタンダードな方法は、「男に来させる」。
つまり、男から声をかけやすくしたり、親しみやすくしたりする方法。

ただ、それをめんどくさいと思う女の子も多い。
そういう人は、いっそ自分から行ってしまった方が早い。

肉食系女子は楽ではない

自分から男に行くのが肉食系女子。

ただ、肉食系女子になるのは簡単ではない。
「男好き」や、「女らしくない」というイメージを持たれるから。

「彼氏に振られても構わない、周りの男、女に嫌われても構わない。自分の力でいくらでも新しい男を探せるから。」
これくらいに思える女でないと肉食系女子をやっていくのは難しい。

好きな人に自分から行けるかどうか

大切なのは、本当に好きな人に自分から行けるかどうか。
かっこいい人とか、いい男など気になる人レベルには自分から行けても、本当に好きな人になると積極的になれない偽肉食系女子も多い。

本当に好きな人にも積極的にいけてこそ肉食系女子。
好きな人には積極的にいけないなら、肉食系女子になるのはまだ早い。

今は肉食系になれなくても、目指した方が良い

肉食系女子似てるのは簡単ではない。
でも、主体的に恋愛するためには、肉食系の要素を少しずつ取り入れていった方がいい。

特に今は男の草食化が進み、自分から女にアプローチする男が減っている。

女の方から来てくれれば、男としては楽。
格上の男でも、女の方から来てくれたら悪い気はしない。

いい男だけど恋愛に消極的なために彼女がいない男っていうのは、結構多い。
肉食系は、そういう男を捕まえやすい。

肉食系が圧倒的有利なのは「出会いの場」。

特に肉食系女子が有利なのが「出会いの場」。

出会いに関しては、肉食系女子が圧倒的有利。
これが肉食系女子がモテる一番の理由だと思う。

出会いを自分で作れると余裕や自信が生まれる。
良いスパイラルに入れるんだ。

まず最初は、出会いに関しては自分から行けるようになると良い。

出会いをただ待つのではなく、出会いが多そうな場所に足を運んでみたりするだけでも、やらないよりは全然良い。

出会いがない?自分から積極的に探す肉食系女子はモテる

まとめ

肉食系女子は、今後需要が増え、ますますモテることになっていく可能性が高い。

隠れたいい男を見つけるためには、肉食系女子はオススメ。

おまけ:男性をドキッとさせる7つの方法

男性を「ドキッ」とさせることは、男性が君に魅力を感じるだけでなく、男性との距離を縮める上でも効果的。
一石二鳥だから、やらないと損。

モテる女は男性の扱いが上手い。
今回は、男性がおもわずドキドキしてしまうようなアピール方法を7つ紹介する。

1.笑顔

女の子の笑顔は、恋愛の最高の武器になる。
笑顔が嫌いな男性は見たことがない。

たとえ顔が整っていなくても笑顔の素敵な女の子は、顔が整っているけど笑顔が少ない女の子より男性にモテる。
それだけ、男性にとっては女の子の笑顔は癒しとなるもの。

女の子の笑顔のためならなんでもできてしまうのが男という生き物。
まずはデート中など好きな人といる時は意識して笑顔を増やすこと。

笑顔が少なくて悪印象を受けることはあっても、多すぎて悪印象を受けることはない。
笑顔を鏡の前で練習しておくと、印象がさらにアップするし、自分の笑顔に自信がつく。

男は可愛い笑顔の作り方を知ってる女の子にめちゃくちゃ弱い

2.ファッション

まずは、視覚でドキッとさせよう。

いつも同じようなファッションをしていないだろうか?
それだったら、初デートの時はいつもと違ったファッションで会ってみよう。

男性もギャップに弱い。
自分しかしらない君に出会えたことを男性も喜ぶ。

自分の普段のイメージとはちょっと違うファッションを普段からたまにしておくと、初デートの時でも困らないはず。
学生だったら、制服と私服のギャップだけでも十分ドキッとさせることが出来る。

3.香り

香りというのは、その人のイメージに強く関係する。

女の子のシャンプーの匂いだったり、甘い香りなどの女の子らしい香りは、男性をドキッとさせる効果がある。
好きな人や元カノがつけていた香水の匂いに街で遭遇しただけで、好きな人のことを思い出したりする。

デートの後なども、香りのイメージというのは残る。
普段は香水をつけられない環境の人でも、デートの時はつけた方が絶対良い。

ただ、気合い入れてつけすぎないように注意を。

視覚だけでなく、嗅覚でも好きな人を魅了して、男性のイメージに強く残る女の子になろう。

4.仕草

男性をドキッとさせる仕草はいくつかある。
髪をかきあげる仕草、上目遣い、甘える。

ただ、多くに共通するのが、女の子らしさを強調する仕草ということ。
笑顔のように、男性受けする仕草も鏡の前で練習しておくと良いかもしれない。

今の時代になっても、やはり恋愛では男性は男性らしさを女の子は女の子らしさを求められる。
女の子らしい仕草を心がけると、性格も女の子らしく変化したりする。

普段、あまり女の子らしさを気にしていない女の子でも、好きな人の前やデートの時は、女の子らしさを忘れないようにしよう。
普段は女の子らしさを見せない人ほど、男性をドキッとさせられるかもしれない。

5.距離の近さ

男性とまだ心理的に距離がある?
だったら、物理的に近づこう。

人にはパーソナルスペースというものがあり、親しい人ほどそのパーソナルスペースが近くなる。
不思議なことに、逆に近くにいるだけで男性のパーソナルスペースを減らし、親しいと思わせることが出来る。

物理的距離と心理的距離は比例する。
物理的に近づくことによって心理的にも近づくことができ、親密度をアップさせることができる。

遠距離恋愛がうまくいかないケースが多いのも、こういったことが関係している。
好きな人と一緒にいる時は、できるだけ近くの場所を確保しよう。

6.間接キス

直接キスするような間柄ではなくても、間接キスならハードルが低い。

たとえ好きな人でなくても、女の子との 間接キスは男性にとって特別。
男性は間接キスをするだけでもドキッとしてしまう。

おそらく平然を装うと思うけど、内心ではドキッとしている。
ジュースが分けてあげたりして間接キスを狙おう。

7.ボディタッチ

男性を確実に最もドキッとさせることができるのがボディタッチ。
モテる女はボディタッチを武器にして、男性をドキッとさせる。

正直、これをマスターするだけでも男性をドキッとさせるには十分だったりする。

それだけ女の子からのボディタッチは強力な武器。
これを使わない手はない。

大事なのは、回数。
回数が多ければ多いほど、男性をドキドキさせることが出来る。

デートであれば、ボディタッチできる機会はそれなりにあるはず。
隙を狙って、ボディタッチできるチャンスがあれば、積極的にボディタッチしよう。

手も繋ぎやすくなるしね。

女からのボディタッチは本能的にも心理的にも男を幸せにする

男性に女としての魅力を感じさせること

初デートでつまらない女と思われたら、2回目、3回目のデートはないかもしれない。

性格や好意をアピールすることも大事だけど、男性に女としての魅力を感じさせることも大切。

男性を「ドキッ」とさせて、彼に女を感じさせてしまおう!